おおいたけんさいきし

大分県佐伯市

佐伯市

ふるさと納税についての
お問い合わせ

ふるさと納税申込情報に関するお問い合わせ先

対応窓口

ブランド推進課ふるさと納税担当

電話番号

0570-000-496

メールアドレス

saiki@lrinc.jp

URL

返礼品に関するお問い合わせ先

電話番号

0570-000-496

メールアドレス

 

寄附に関する注意事項

申し込み後の内容変更・寄附金受領証明書・ワンストップ特例申請書
【大分県佐伯市のお礼の品、ふるさと納税全般に関すること】
<佐伯市ふるさと納税担当>
TEL:0570-000496(平日 9:00~17:00)
E-Mail:saiki@lrinc.jp

(お届け日の目安)
※寄附金受領証明書:寄附日から概ね2週間後にお届けします。
(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの大型連休の期間中はお届けにお時間がかかる場合があります。)

【受領証明書など書類返送先】
 〒870-0033 
 大分県大分市千代町1-3-22 松本ビル1階
 佐伯市ふるさと納税サポートセンター
 電話番号:097-507-3017
 メール:saiki@furusato95.jp
 (平日9:00~17:15(土・日・祝日除く))

佐伯市

ふるさと納税の使い道

  • さいきのこどもたちを育てるための事業

    さいきのこどもたちを育てるための事業

    0歳児から高校3年生までの通院・入院にかかる医療費(健康保険適用分)の全額を助成するなど、さいきの子どもたちを育てるさまざまな事業に活用させていただきます。

  • みんなが安心して暮らせるまちを創るための事業

    みんなが安心して暮らせるまちを創るための事業

    介護予防や認知症予防の推進など、みんなが安心して暮らせるまちをつくるためのさまざまな施策に活用させていただきます。

  • みんなが元気になり、地域の活力を生むための事業

    みんなが元気になり、地域の活力を生むための事業

    地域の活性化を図り、地域資源の活用や地域課題の解消等に取り組むためのさまざまな事業に活用させていただきます。

  • 地場産業を応援するための事業

    地場産業を応援するための事業

    企業の再建やキャリア教育講演会など地元で活躍する人材を育成するなど、地場産業を応援するためのさまざまな事業に活用させていただきます。

  • 豊かな自然と文化を守り育てるための事業

    豊かな自然と文化を守り育てるための事業

    ユネスコエコパークに登録された祖母・傾・大崩山系をはじめとする佐伯の豊かな自然や文化を後世に伝えるためのさまざまな施策に活用させていただきます。

佐伯市について

【大分県の南東部に位置し、人口約7万人、面積は約903㎢、九州で一番広い面積のまちです。】
 佐伯市には豊かな自然が残っており、風光明媚のリアス海岸と雄大な原生林の茂る祖母・傾山系はいずれも国定公園の指定を受けています。一級河川の清流「番匠川」は、源流から河口まですべてが佐伯市を流れます。佐伯市のシンボルである城山は、市街地にあって、豊かな自然を残し、ムササビや鹿が生息しています。人々の生活の中に自然があり、海・山・川から多くの恵みを受け、美しい四季のうつろいを感じるまちです。さらに「佐伯の殿様、浦でもつ」と昔から言われるほど、豊かな魚介類を中心に、海の幸・山の幸にも恵まれています。

生産者のまっすぐな想い、お届けします。

佐伯城(跡)

佐伯城は慶長11年(1606年)、日田の隈城から移封された毛利高政によって築かれました。天守閣は、築城後ほどなく火災によって消失、わずかに残った隈櫓・土塀なども廃藩置県の際に取り壊されました。今日では、三の丸に櫓門(やぐらもん)、山頂に石垣が残るだけとなっています。

空の公園

米水津と蒲江を結ぶ豊後くろしおライン。その登り口からおよそ3kmのところに「空の公園」があります。標高約250m。眼下に太平洋を見渡すことができ、晴れた日には遠く四国の山々まで見ることができます。 車で約3分のところにある空の展望所は、シバザクラの名所としても有名です。

藤河内渓谷

祖母・傾山系の夏木山(1,386m)を源に、水源の観音滝から藤河内集落までの分流を合わせて約8km続く藤河内渓谷。いたるところに花崗岩の甌穴群があり、すばらしい景観を作り出しています。巨大な花崗岩の一枚岩を、桑原川が長い年月をかけて刻んでできた景色です。

佐伯市

おすすめの返礼品