くまもとけん やつしろし

熊本県 八代市

八代市

自治体からのお知らせ

<令和6年能登半島地震により被災された皆様へ>
このたびの自然災害により被災された皆様へ心からお見舞い申し上げます。
一日でも早い復旧がなされ、日常の生活を取り戻すことができますよう心よりお祈り申し上げます。



<長期休暇期間の返礼品発送について>
八代市では、年末年始・GW・お盆・その他長期休暇期間中もスケジュールに変更なく返礼品を発送いたします。
返礼品のお申込みをされる際には必ず受取不可日をお知らせくださいますようお願い申し上げます。
事前のご連絡をいただけず、寄付者様のご都合によりお受け取りができなかった場合の再発送は出来かねます。
ご了承くださいませ。

八代市

ふるさと納税についての
お問い合わせ

ふるさと納税申込情報に関するお問い合わせ先

電話番号

0120-37-8421

メールアドレス

yatsushiro@support-furusato.jp

URL

返礼品に関するお問い合わせ先

対応窓口

八代市ふるさと納税サポートセンター

電話番号

0120-37-8421

メールアドレス

yatsushiro@support-furusato.jp

受付時間

平日9:00~17:00

寄附に関する注意事項

<寄附管理及びオンラインワンストップ特例申請について>

2023年4月1日以降のご寄附については、「ふるまど」にてご対応をお願いいたします。
自治体マイページでの対応は、2023年3月31日までのご寄附分においてのみ可能です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2023年3月31日までに決裁完了済のご寄附:「自治体マイページ」での管理可能
2023年4月1日以降に決裁完了分のご寄附:「ふるまど」でのみ管理可能
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お間違いのございませんようお願い申し上げます。



八代市

ふるさと納税の使い道

  • 誰もがいきいきと暮らせるまちづくり事業

    誰もがいきいきと暮らせるまちづくり事業

  • 郷土を担い学びあう人を育むまちづくり事業

    郷土を担い学びあう人を育むまちづくり事業

  • 安全・安心・快適に暮らせるまちづくり事業

    安全・安心・快適に暮らせるまちづくり事業

  • 地域資源を活かし発展するまちづくり事業

    地域資源を活かし発展するまちづくり事業

  • 人と自然が調和するまちづくり事業

    人と自然が調和するまちづくり事業

  • その他市長が特に認めるまちづくり事業

    その他市長が特に認めるまちづくり事業

八代市について

八代市は熊本県南の中心的な市で、県下第2の人口を有する田園工業都市です。 過去には日本有数の技術を持つ石工(いしく)の集団がおり、今も市内に残るめがね橋や城の石垣、干拓地の堤防・樋門など石造りの文化を楽しむことができ、このような文化遺産について「八代を創造(たがや)した石工たちの軌跡~石工の郷(さと)に息づく石造りのレガシー~」が日本遺産に認定されています。 八代の発展は干拓事業の歴史でもあり広大な平野では「い草」「トマト」「晩白柚」が生産されています。 日本一の生産数を誇るこれらの品の中でも特に畳に使われる国産い草の95%以上が八代産であり、まさに日本一の畳の街といえます。

しあわせあふれる ひと・もの 交流拠点都市 ”やつしろ”

熊本県第二の都市

八代市(やつしろし)は、熊本県南の中心的な市で、県下第2の人口を有する田園工業都市です。 日本三急流の一つである球磨川が分流して不知火海に注ぐ三角州地帯の北岸に市街地があります。 「い草」「冬トマト」「晩白柚」の3つはいずれも生産量が日本一です。

日本遺産

かつて全国で築かれた「めがね橋」の約4分の1(約650基)が分布する熊本。 そのほとんどは八代で生まれ育った石工たちによって手掛けられました。 彼らの技術は日本各地で必要とされ、日本の流通に大きな影響をもたらすと共に全国に名声を轟かせるまでに至りました。 八代は多くの「名石工」を輩出した「石工の郷」と呼ばれており、そのストーリーが日本遺産に認定されています。

西日本を代表する全国花火競技大会

球磨川の河川敷で行われる西日本を代表する全国花火競技大会。 全国各地から集いし30人の有名花火師がその腕を競います。 九州外からの来場者も多く、ハイレベルな花火師たちの競演は見ものです。

八代市

おすすめの返礼品