さいたまけん かわごえし

埼玉県 川越市

川越市

ふるさと納税についての
お問い合わせ

ふるさと納税申込情報に関するお問い合わせ先

対応窓口

財政部財政課

電話番号

0492-24-5618

メールアドレス

furusato-koedo@city.kawagoe.lg.jp

URL

返礼品に関するお問い合わせ先

電話番号

0492-24-5618

メールアドレス

寄附に関する注意事項

■川越市ふるさと納税:特産品について
川越市では寄附をいただいた市外在住の方へ、感謝の気持ちを込めて、川越市の特産品を贈呈しています。

・川越市内にお住まいの方へは、特産品の贈呈はおこなっておりません。
・法人様からのご寄附は受け付けておりません。法人寄附に関するお問い合わせは川越市役所(財政部財政課)までお問い合わせください。
・年内のご寄附の制限は設けておりません。何度でもお申込みいただけます。
・特産品の写真はイメージです。

※お寄せいただいた個人情報は、埼玉県川越市が寄附金の受付及び入金に係る確認・連絡等に利用するものであり、それ以外の目的で使用するものではありません。
※返礼品および寄附金証明書のお届けは、入金を確認した後、約1ヶ月~1ヶ月半程度かかりますので、ご了承ください。(発送期日を明記しているものを除く。)
 返礼品と証明書は別送になります。
※寄附のお申込後3ヶ月以内に寄附金の納入が確認できない場合、申込は取り下げたものと見なしますので、あらかじめご了承ください。

川越市

ふるさと納税の使い道

  • 一般寄附

    一般寄附

    市の様々な施策に広く活用させていただきます。

  • 子ども・子育てに関すること

    子ども・子育てに関すること

    子どもが健やかに成長でき、子育ての楽しさを感じられるまちづくりに役立てます。

  • 福祉・保健・医療に関すること

    福祉・保健・医療に関すること

    住み慣れた地域で、一人ひとりが健康でいきいきと安心して暮らせるまちづくりに役立てます。

  • 教育・文化・スポーツに関すること

    教育・文化・スポーツに関すること

    歴史と文化を感じながら学び合い、豊かな心を育む町づくりに役立てます。

  • 都市基盤・生活基盤に関すること

    都市基盤・生活基盤に関すること

    安全で快適な基盤を備え、歴史や自然と調和した魅力あるまちづくりに役立てます。

  • 産業・観光に関すること

    産業・観光に関すること

    地域資源をいかした、にぎわいと活力にあふれるまちづくりに役立てます。

  • 環境に関すること

    環境に関すること

    地球環境にやさしい、豊かな自然とともに生きるまちづくりに役立てます。

  • 地域社会・市民生活に関すること

    地域社会・市民生活に関すること

    地域で支え合う、安全で安心なまちづくりに役立てます。

  • 住民自治・行財政運営に関すること

    住民自治・行財政運営に関すること

    つながりによるまちづくりと持続可能な行財政運営の推進に役立てます。

  • 文化芸術スポーツ振興基金に積み立てて活用

    文化芸術スポーツ振興基金に積み立てて活用

    「文化芸術スポーツ振興基金」は、小学校へのアーティスト派遣事業やジュニア選手を育成するための事業など、文化芸術、スポーツの振興を図るための事業の財源として活用しています。

  • 大学奨学金基金に積み立てて活用

    大学奨学金基金に積み立てて活用

    「大学奨学金基金」は、経済的理由により大学における修学が困難な高校生等に対して、返済を必要としない給付型奨学金を支給する制度の実施に活用しています。

  • みんなで支える観光基金に積み立てて活用

    みんなで支える観光基金に積み立てて活用

    「みんなで支える観光基金」はWi-Fiの整備など、観光の振興を図るための事業の財源として活用しています。

川越市について

時をつなぐ未来をつむぐまち川越
川越市は都心から約30km圏内にありながら、農業や商工業が盛んで、緑豊かな自然もあります。まちの中心部にはシンボルである時の鐘や蔵造りの町並みが残り古き良き城下町の歴史を感じることができるほか、ユネスコ無形文化遺産に登録された川越まつりなど魅力ある歴史的・文化的遺産が数多く残っています。本市にゆかりのある特産品や市内で生産された農産物など幅広く返礼品を取り揃えておりますので、ぜひ応援よろしくお願いします!

江戸情緒を豊かに残した街”小江戸川越”

市の立地

川越市は、埼玉県の中央部よりやや南部、武蔵野台地の東北端に位置し、109.13平方キロメートルの面積と35万人を超える人口を有する都市です。 遠く古代より交通の要衝、入間地域の政治の中心として発展してきた川越は、平安時代には桓武平氏の流れをくむ武蔵武士の河越氏が館を構え勢力を伸ばしました。室町時代には、河越城を築城した太田道真(おおたどうしん)・道灌(どうかん)父子の活躍により、扇谷上杉氏(おうぎがやつうえすぎし)が関東での政治・経済・文化の一端を担うとともに、繁栄の礎を築きました。

名所・文化

川越城本丸御殿は、長禄元年(1457年)、上杉持朝(うえすぎもちとも)の命により太田道真・道灌親子が築いた川越城は「日本百名城」や、関東七名城に数えられています。 17世紀後半の「江戸図屏風」に、家光が鷹狩の際に立寄った場面として描かれていることから、当時の本丸御殿は将軍が川越を来訪した際の「御成御殿」であったと考えられます。 「時の鐘」は、400年近く前に城主・酒井忠勝(さかいただかつ)が創建した鐘楼です。床の間にも時計を置いたといわれるほど時間厳守を徹底した酒井忠勝は、城内に時を知らせる太鼓櫓を設けるとともに、城下の時計台の役割として時の鐘を建てました。 以来、度重なる火災に遭いましたが、その都度再建されてきました。時代が変わり、鐘つきの方法が人から機械仕掛けへと変化しても、昔と変わらず川越のまちに時を告げています。

川越氷川祭

川越氷川祭は、毎年10月第3日曜日とその前日の土曜日に行われる埼玉県川越市の川越氷川神社の祭礼で、一般には川越まつりと呼ばれている。 常陸國總社宮大祭・佐原の大祭と並び関東三大祭りの一つと称されることが多い。2日間で80万人以上の人出を数える。

川越市

おすすめの返礼品