いばらきけんさかいまち

茨城県境町

境町

ふるさと納税についての
お問い合わせ

ふるさと納税申込情報に関するお問い合わせ先

対応窓口

境町ふるさと納税サポートセンター

電話番号

0280-23-2615

メールアドレス

zei@sakaimachi.co.jp

受付時間

平日9時-17時(土日祝日、年末年始を除く)

返礼品に関するお問い合わせ先

対応窓口

境町ふるさと納税サポートセンター

電話番号

0280-23-2615

メールアドレス

mono@sakaimachi.co.jp

受付時間

平日9時-17時(土日祝日、年末年始を除く)

寄附に関する注意事項

2023年ご寄付分の取り扱い◆
2023年1月1日0:00 ー 2023年12月31日23:39までに決済完了したご寄付が対象となります。
※2024年1月1日以降のご決済分は、2024年寄付分となりますのでご注意ください。

◆お問い合わせ先◆
----------------------------------------------------
■寄附/ワンストップ特例申請書に関すること
境町ふるさと納税サポートセンター
TEL:0280-23-2615(平日9:00-17:00 年末年始は除く)
Mail:zei@sakaimachi.co.jp

■返礼礼品/発送時期などに関すること
境町ふるさと納税サポートセンター
TEL:0280-23-4711(平日9:00-17:00 年末年始は除く)
Mail:mono@sakaimachi.co.jp

◆寄附金受領証明書の送付について
----------------------------------------------------
ご寄付確認後、1~2週間以内に発送いたします。
※確定申告に必要な書類となりますので大切に保管してください。

◆ワンストップ特例申請書の送付について(ご希望いただいた方のみ)
----------------------------------------------------
ご寄付確認後、1~2週間以内に発送いたします。

※申請書が到着しましたら、印字内容をご確認いただき、確認書類を貼り付けのうえ同封の返信用封筒にてご返送くださいますようお願い致します。
※寄附者様ご自身でダウンロードされた申請書でも提出可能でございます。その際は、下記の住所まで提出くださいますようお願い致します。

------------------------------------------------------
【ワンストップ特例申請書の送付先】
〒306-0495 茨城県猿島郡境町391-1
境町ふるさと納税サポートセンター 宛
------------------------------------------------------

◆ワンストップ特例申請書の受付完了のご連絡について◆
ワンストップ特例申請書をご提出後、不備等がなく受付が完了した際には、ご登録のメールアドレス宛にご連絡いたします。なお、文書をご希望される場合は、別途対応いたしますので、上記お問い合わせ先までお申し付けいただきますようお願いいたします。
※年末年始にかけて郵送頂いた場合、書類の確認ならびに受付完了のご連絡までに大変お時間をいただいております。予めご了承ください。

境町

ふるさと納税の使い道

  • 教育文化の向上に関する事業

    教育文化の向上に関する事業

    1.生涯を通じて学習する環境づくり
    2.心豊かな人間性を育む教育環境づくり
    3.男女が共に生き生きと暮らせる社会づくり
    4.個性豊かな地域文化づくり

  • 住民福祉の増進に関する事業

    住民福祉の増進に関する事業

    1.健やかな生活づくり
    2.ふれあいにみちた福祉づくり
    3.安心して暮らせる仕組みづくり
    4.子育て支援づくり

  • 都市基盤と生活環境施設の整備に関する事業

    都市基盤と生活環境施設の整備に関する事業

    1.調和ある発展のための基盤づくり
    2.多様な都市活動を支える交通体系づくり
    3.快適な生活を支える環境づくり
    4.豊かな自然と共生した地域づくり

  • 農業振興と商工業の育成に関する事業

    農業振興と商工業の育成に関する事業

    1.豊かさを育む農業振興のための施策づくり
    2.広域交通体系に対応した工業・流通のための施策づくり
    3.賑わいと魅力のある商業振興のための施策づくり
    4.地域の資源を生かしたまち活性化のための観光施策づくり

  • 町長におまかせ

    町長におまかせ

    町長が町の優先課題を踏まえ、指定させていただきます。

  • 被災の復旧に関する事業

    被災の復旧に関する事業

    1.避難用高台の設置事業
    2.中小企業の支援事業
    3.被災した牛舎の復興に関する事業
    4.農業用施設の復興に関する事業

  • 90年以上続くアルゼンチンとの交流に関する事業

    90年以上続くアルゼンチンとの交流に関する事業

    境町立長田小学校とアルゼンチンは、約80年以上にわたり交流を続けてきました。
    これをきっかけとして、境町は2020年東京オリンピック・パラリンピックのアルゼンチン共和国のホストタウンに国から登録されました。
    東京オリパラを盛り上げるべく境町とアルゼンチンとの交流事業等に活用させていただきます。

  • 防災・災害対策に関する事業

    防災・災害対策に関する事業

    境町は平成27年の関東・東北豪雨で大規模な被害を受けました。
    今後の突発的な自然災害等に備えるため、防災アプリの開発や防災・災害対策に関する事業に活用させていただきます。

  • 子どもたちの海外教育に関する事業

    子どもたちの海外教育に関する事業

    境町の子どもたちを海外に派遣し、国際教養豊かな心を育むための事業に活用させていただきます。

  • 利根川大花火大会の開催に関する事業

    利根川大花火大会の開催に関する事業

    町外からも多くの来場者でにぎわう境町の夏の大イベント「利根川大花火大会」の開催に活用させていただきます。

  • スポーツの振興に関する事業

    スポーツの振興に関する事業

    1.境町を本拠地としてJリーグ参入を目指すサッカーチーム「境トリニタス」への支援に活用させていただきます。
    2.誰もが参加できる「する」「観る」「支える」スポーツ環境の整備に活用させていただきます。

  • 中畑清さんによる子どもたちのスポーツ応援に関する事業

    中畑清さんによる子どもたちのスポーツ応援に関する事業

    子どもたちのスポーツ応援に関する事業に活用させていただきます。

  • 全国初となる自律走行バスによるまちづくりに関する事業

    全国初となる自律走行バスによるまちづくりに関する事業

    境町では、2020年4月より全国初となる自動自律走行バスの実用化に向けて取り組んでおります。
    ご寄付は実用化に向けた関連事業や実用化後の運営等に活用させていただきます。

  • 児童クラブに通う子どもたちや保護者に関する支援事業

    児童クラブに通う子どもたちや保護者に関する支援事業

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月2日から3月24日まで境町でも小学校・中学校が臨時休校となりました。そのため、急に会社を休めない保護者の子どもたちは、児童クラブに通わざるをえません。
    現在、児童クラブに通う場合、保護者は児童クラブの利用料、子どもたちのお弁当作りなど負担がいつも以上に増えています。児童クラブに助けを求める親子の負担をなくすため、児童クラブを通じて子どもたちと保護者を支援します。

  • ごちめしサービスを利用した子ども食堂設置と運営に関する事業

    ごちめしサービスを利用した子ども食堂設置と運営に関する事業

    ごちめしサービスを利用した子ども食堂設置に向けた取り組みと運営について、活用させていただきます。

  • 新型コロナウイルス感染拡大に伴う対策支援に関する事業

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う対策支援に関する事業

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、各種対策・支援に関する事業に活用させていただきます。

  • コロナ禍のホッケー女子日本代表さくらジャパンの応援に関する事業

    コロナ禍のホッケー女子日本代表さくらジャパンの応援に関する事業

    境町の新設した世界レベルのスポーツ競技施設を活用し、スポーツ合宿や世界大会の誘致を通して、日本を代表するアスリートの支援・育成を行い、新たなスポーツタウンとして、地域経済の発展を目指します。

  • BMXなどアーバンスポーツ世界大会の誘致および世界的な選手の育成に関する事業

    BMXなどアーバンスポーツ世界大会の誘致および世界的な選手の育成に関する事業

    境町の世界レベルのスポーツ競技施設を活用した各種世界大会などの誘致、境町から世界に羽ばたくアスリートの育成・輩出を目指し「スポーツを核としたまちづくり」への取り組みに活用します。

境町について

古くは江戸時代に、江戸と奥州を結ぶ交通の要衝として、利根川水運の発展とともに、栄えた「河岸のまち」。雄大に流れる利根川と、川間に富士山と関宿城が並び立つ緑豊かなところです。
平成27年には首都圏中央連絡自動車道(圏央道)境古河ICが開通するとともに、近年では日本最大級の「利根川大花火大会」をはじめ、隈研吾氏が設計を手がけた6つの施設があるなど、町の地域資源を生かした新たな取り組みを数多く行っています。
また、「子育て支援日本一」を目指し、先進的な英語教育や幅広い子育て支援にも力を入れています。近年では、自然豊かな住み良い町として、近隣や首都圏からの移住先として人気が高まっています。

水と緑とふれあいの町 さかい

先進的な英語教育と子育て支援で日本一を目指すまち

フィリピン共和国マリキナ市と姉妹都市協定を結び、町内の保育園と小中学校にフィリピン人英語教師を配置し家庭環境に左右されない英語の日常的な学習環境を整えています。また、2022年にはアメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市とも姉妹都市となり、今後子どもたちの現地ホームステイを予定しています。境町は子育て世帯が住みやすい町を目指しており、各種子育て支援制度を充実させることで、社会人口は4年連続で増加しています。

全国市町村最多の6ヵ所!隈研吾氏設計の施設

境町のまちづくり「S-project」その一環として、世界的な建築家・隈研吾氏設計の施設が続々と完成しています。魅力あるモダンな建物が次々と生まれ、マチナカをつなぎ、人の回遊、にぎわいを創出しています。

利根川大花火大会

2022年に開催された第35回利根川大花火大会は、全国的に有名な4大花火師による花火の打ち上げ数は30,000発、2尺玉5発の規模を誇りました。尺玉や河川敷を幅広く使ったワイドミュージックスターマインは感動の一言です。

境町

おすすめの返礼品