きたひろしまし(ほっかいどう)

北広島市(北海道)

北広島市

自治体からのお知らせ

【総務省告示改正に伴う今後の対応について】

いつも北広島市をご支援頂き、心より感謝申し上げます。

この度の総務省告示改正に伴い、
現状維持での運用が難しいと判断した場合2023年10月1日以降、
寄付額の値上げを実施する可能性がございますのでご理解頂けると幸いです。

引き続き北広島市の魅力が伝わる返礼品がご提供できるよう
取組を進めてまいりますので変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

北広島市

ふるさと納税についての
お問い合わせ

ふるさと納税申込情報に関するお問い合わせ先

対応窓口

企画財政部企画課

電話番号

011-372-3311

メールアドレス

c.kitahiroshima@cyber-records.co.jp

URL

返礼品に関するお問い合わせ先

電話番号

011-372-3311

メールアドレス

寄附に関する注意事項

【ワンストップ特例申請書の送付について】
自治体からのワンストップ特例申請書送付について、「希望する」と選択された場合でも
過去に(※他自治体も対象)「自治体マイページ」にてワンストップ申請オンラインサービスをご利用の場合は、「寄附金受領証明書」のみ送付いたします。

【「ヤマト運輸」お届け先変更(転送)サービス有料化について】
ヤマト運輸のサービス変更に伴い、2023年6月1日転送依頼受付分より、届け先変更(転送)が発生した場合「変更届け先までの運賃が着払い」となり、受取人様へ費用負担が生じます。
お申し込みの際は、届け先のご住所にお間違いがないようご注意ください。
贈答先へお届けの場合も「受取人様に着払いで送料ご負担」となります。
何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
ご登録住所の相違や転居などでお届け先住所変更が必要な場合は、発送前であれば変更可能な場合もございますので、お早めにご連絡をお願いいたします。

北広島市

ふるさと納税の使い道

  • 北海道ボールパークに関連する施策の推進に活用

    北海道ボールパークに関連する施策の推進に活用

    まちの活性化や魅力の増進につながる、北海道ボールパークに関連する施策推進のために活用させていただきます。

  • 市長におまかせ

    市長におまかせ

    将来の北広島市の発展に必要となる重点的に行うべき事業に活用させていただきます。 ※北広島市は、東洋経済新報社が毎年発行している「都市データパック」2018年版の「住みよさランキング」2018において、北海道内35市中、5年連続第1位に選ばれました。

  • 公共施設の改修や改築工事のために活用

    公共施設の改修や改築工事のために活用

    保育園や公民館、文化施設などの公共施設を安心して利用できるように、公共施設の改築や改修工事に活用させていただきます。 ※写真の施設は、北広島市にある、すずらん保育園です。直近では主に窓や床などを改修しました。

  • 一人ひとりが自分らしく暮らしつづけられるまちづくりに活用

    一人ひとりが自分らしく暮らしつづけられるまちづくりに活用

    地域における在宅福祉の普及・向上、健康・生きがいづくりの推進など地域福祉の充実のために活用させていただきます。 【地域福祉施策等の基本理念】 高齢者をはじめすべての方が、住み慣れた地域でいつまでも自分らしい生活を送ることができる、地域共生社会の実現 【主な取組】 高齢者支援サービス事業:高齢者が在宅で安心して日常生活を送ることを支援するため、介護保険サービス以外の事業を実施します。 ・緊急通報装置の設置、除雪・配食・訪問理容サービスの実施 ほか 福祉バス運行事業:高齢者の生きがいづくり、障がい者の社会参加や福祉団体の育成を促進し、福祉の向上を図るため、団体の研修旅行や行事への参加のための福祉バスを運行します。

  • 生涯学習振興のためスポーツ、芸術文化などに活用

    生涯学習振興のためスポーツ、芸術文化などに活用

    市民の生涯学習(生涯にわたり学習の活動を続けること)の進行を図るため、青少年の自主的活動やスポーツ、芸術文化の振興などのために活用させていただきます。 【主な取組】 エコミュージアム普及推進事業:エコミュージアムセンターを拠点とし、市内各地に存在する自然遺産や歴史遺産などを現地において保存・育成・展示することにより、魅力ある地域づくり・まちづくりを行政と市民の協働で推進します。 ・施設の運営、サテライト整備に伴う地域遺産説明板の設置 ほか 【北広島エコミュージアム構想】 市民の参加により、市が持つ自然や風土、伝統や歴史、この地に培われてきた特有の文化を発掘、再発見することで、まちへの誇りが生まれ、生き生きと心豊かに安心して暮らせるまちづくりへと繋げる構想

  • 生活環境の向上により市民・来訪者にとって過ごしやすいまちづくりに活用

    生活環境の向上により市民・来訪者にとって過ごしやすいまちづくりに活用

    地域におけるバス待合所や街路灯の整備などの生活環境の整備のために活用させていただきます。 【主な取組】 市民交流広場整備事業:市役所庁舎に隣接するイベント広場として整備します。  ・基本コンセプト ①市民交流の拠点、②多目的に活用、③最小の経費で整備  ・活用の想定 ①通年の活用や来庁者や地域の方の憩いの場として活用、②冬場は子どもの遊びの空間として活用も検討 ほか

  • 小中学校の豊かな学びを実現するための教育環境の充実に活用

    小中学校の豊かな学びを実現するための教育環境の充実に活用

    教材等の整備による教育内容の充実や、学校施設の新・増改築などの教育環境の整備のため、活用させていただきます。

  • 都市と自然が融合したまちづくりに活用

    都市と自然が融合したまちづくりに活用

    市民とともに緑化を推進し、緑あふれる美しいまちづくりのために活用させていただきます。 【緑化に関する基本理念】 緑を愛する市民が住み、緑と人がともに育ち交流するまち 【主な取組】 緑化推進事業:緑と花のある美しいまちづくりを推進する。また、緑を適切に保全するため、「緑のまちづくり条例」に基づく緑の保全及び民間施設における緑化を推進します。 ・市民の参加による公共施設や街路樹桝への花苗植栽、 ほか

  • 活気に満ちた農業の推進に活用

    活気に満ちた農業の推進に活用

    将来に渡り地域の農業が、活気に満ち魅力あるものとなっていくよう、農業者、農地に関連する施策推進のために活用させていただきます。

北広島市について

北広島市は、札幌市と新千歳空港の間に広がるなだらかな丘陵地帯にあり、自然と都市機能が調和した住みよいまちです。
札幌まで鉄道で16分、新千歳空港まで約20分、自動車でも北海道内各地にアクセスしやすい位置にある一方、樹木や花々が四季を彩り、アオサギやエゾリスなどの野鳥や小動物がすむ自然豊かなまちです。
面積119.05平方キロメートル、6万人弱が暮らす本市は、明治17年に広島県人25戸103人が一村創建を目指して原始の森に開拓の鍬を入れ、今日の基礎が築かれたことに始まります。
古くから交通の要衝で、クラーク博士がBoys, be ambitious(青年よ、大志をいだけ)の名言を残し、学生たちと別れた地でもあります。
令和5年3月に北海道日本ハムファイターズの新たな本拠地である北海道ボールパークFビレッジが開業し、多くの観光客が訪れる街になりました。

大志をいだくまち

歴史を知る

北広島開拓の祖である和田郁次郎が広島県から一村創建の夢を抱き入植したのが北広島市の始まりです。 集落拡大や米生産量の道内一といった北広島開拓の功績が認められ、彼らの故郷にちなんだ「広島村」の名がつけられました。 また、W.Sクラーク博士の「BOYS BE AMBITIOUS」の言葉を残した舞台である旧島松駅逓所は、荷物や文書を輸送するための北海道特有の中継所でした。 現存する道内最古のものとして、昭和59(1984)年に国指定史跡になりました。

みんなで楽しむ

2023年に北海道日本ハムファイターズの「北海道ボールパークFビレッジ」が北広島市で開業予定。 北広島ー札幌を結び、多くの主要スポーツイベントが開催される「エルフィンロード」や「ゴルフ銀座」と呼ばれるほど道内有数のゴルフコースが並びます。 また、芸術文化に親しむホール拠点や国指定特別天然記念物「野幌原始林」があります。 ぜひ自然と創造を北広島で体感してみてください。

特産を味わう

北海道における寒地稲作発祥の地である「北広島市」にとって農業は開拓以来の基幹産業。 「ゆめぴりか」「ななつぼし」といった北海道米のルーツである赤毛米は北広島のまちで生まれました。 市内2カ所のイチゴ農園には、初夏になるとイチゴ狩りを楽しむ家族連れが多く訪れます。

北広島市

おすすめの返礼品